徹底比較

クレジットカードでやりくり上手に

クレジットカードを利用することが借金の元になると考えて、今だにクレジットカードを持つことを躊躇している人も少なくありません。
しかし、特徴を理解して上手に使いこなすことができれば、クレジットカードほど便利なカードはありません。
ここでは、私の考えるクレジットカードでのやりくりについてお話をしていこうと思います。

クレジットカードは、利用者に代わってカード会社が代金の立て替えをおこなってくれるカードですが、最近では、付加価値のついたクレジットカードが増えてきており、買い物をしたりキャンペーンに参加をすることで、
たくさんのポイントを獲得することのできるカードが増えてきています。
クレジットカードでやりくりをする最大のポイントは、ポイント制度を有効活用することです。

例えば、普段利用をするスーパーマーケットが発行をしているクレジットカードを利用することで、日用品や食材を購入するだけで自然とポイントを貯めることができます。
利用をするカードによっては、曜日や日にちによってポイントが倍増するものもありますから、その日を狙ってお米や調味料などの必ず必要となるものを購入しておけば、さらにポイントを貯めることができます。
1ヶ月にかかる食費や日用品の購入代金は、それぞれの家庭によって違いますが、3〜5万円程度はかかってくると言われています。

100円で1ポイントと考えても、普通に買い物をするだけで1ヶ月で300〜500ポイントを貯めることができます。
さらに、ポイント倍増の日を活用すると、一年間で5000〜10000程度のポイントを貯めることができるのです。
また、水道、ガス、電気などの光熱費や携帯電話の料金など、毎月のように必ず発生をする支払いは、クレジットカードで引き落としになるように設定をしましょう。

こうすることで、何もしなくても自動的にポイントを貯めることができます。
ただ、ポイントを貯めることに必死になって、必要以上に買い物をおこなったり、むやみにたくさんのクレジットカードを持つことは危険です。
クレジットカードの枚数が増えると、どのカードで何の買い物をおこなったのかがわからなくなり、管理をすることが大変になるので、クレジットカードの枚数は2〜3枚程度にとどめておくようにしましょう。

また、メインとなるクレジットカードを1枚決めることも大切です。
車の走行距離が長かったり、台数を多く持っている人は、ガソリンスタンドで発行をしているクレジットカードをメインに利用をしても良いですし、スーパーマーケットで多く買い物をする人は、そのスーパーマーケットで発行をしているクレジットカードをメインカードとして利用するなど、頻繁に利用をする場所や、高額な買い物をする機会の多い場所で発行をしているクレジットカードをメインカードとして利用すると良いでしょう。
また、クレジットカードの利用は、あくまで実際にある現金の代わりに利用をしていると考えなければなりません。

今後入るであろう収入をあてにしてカードを利用してしまうと、借金が増える原因となります。
光熱費など毎月引き落とされるクレジットカードとショッピングなどで利用をするクレジットカードは分けて所有をして、ショッピング専用のクレジットカードの引き落とし先は、給料が振り込まれる口座ではなく、別に専用の口座を設けるようにしましょう。
そして、ショッピングでクレジットカードを利用した場合には、その都度、口座にお金を入れるように心がければ、無駄遣いを防ぐことができます。

また、最後に気をつけて頂きたいのが、支払い回数です。
支払い回数は一括か多くても2回払いまでに済ませることが鉄則です。
支払い回数が3回以上になると手数料が発生をしてしまいます。

特に、リボ払いには注意をして下さい。
リボ払いは、毎月一定の金額で返済をおこなえるため、一見、お得であるかのように感じますし、キャンペーンなどでリボ払いへの変更を勧めてくるカード会社も多いのですが、支払い期間が決まっていない上に手数料が発生をするため、気がついた時には、元々の金額よりもかなり高額な返済をおこなっている場合があります。
このように、クレジットカードの特徴を少し知っておくだけで、あなたもやりくり上手になれる可能性があるのです。
有利にポイントの貯まるクレジットカードについての記事も興味深いです。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.