徹底比較

クレジットカード過払い金について

過払金請求と言うと、サラ金などの消費者金融から高金利で借金をして、どうしても返済をすることができなくなった人がおこなうものだと考えているかもしれませんが、カード会社からキャッシングをおこなったり、リボ払いを選択して返済をしている場合にも過払金請求がおこなえる場合があります。
以前よりも過払金請求をおこなう人が増えているようですが、その理由のひとつとして、カード会社や消費者金融などから簡単に過払金が返還されるようになったことがあげられます。
金利についての法律には、“利息制限法”と“出資法”という2つの法律があります。

利息制限法は、利息の上限を制限している法律で、元本が10万円以下の場合20%、10〜100万円以下の場合18%、100万円以上の場合15%と利息の上限を定めていますが、仮に、違反をしたとしても裁かれることはありません。
一方、出資法では、貸金業者は29.2%、貸金業者以外は109.5%より高い利息をとってはならないと定められており、違反をした場合は、5年以下の懲役、または、1000万円以下の罰金が科せられます。
つまり、利息制限法と出資法の間には、法律で裁かれることのないグレーゾーンが存在をしており、以前は、多くの貸金業者が出資法で裁かれることのないギリギリのラインまで利息を跳ね上げていました。

しかし、2010年に新たに施行された“貸金業法”によって、利息制限法と出資法の間のグレーゾーンでの貸付が行政処分の対象となったため、今では、銀行系のカード会社に過払金請求をおこなった場合は、すぐに和解
の手続をとってくれますし、消費者金融に過払金請求をおこなって、すぐに和解ができない場合でも、過払金変換訴訟をおこせば、ほぼ100%の確率で債務者が勝訴できるようになっています。
そして、過払金請求をおこなう人が増えたもうひとつの理由として、過払金請求をおこなった場合でも、ブラックリストに記載されることがなくなったことがあげられます。

以前は、過払金請求をおこなうと、何故か債務整理に分類をされてしまい、事故情報としてその事実がブラックリストに載せられていました。
しかし、2010年に金融庁が過払金請求をした情報を信用情報から削除させる方針を発表したことから、カード会社などが信用情報のチェックをおこなう個人情報機関からは過払金請求の情報が削除されることになったのです。
ただ、過払金請求をおこうと、ほとんどの場合、請求をしたカード会社のクレジットカードは使用ができなくなります。
利子によって利益を得ているカード会社にとって、過払金の返還は不利益になりますから当然のことかもしれませんね。
しかし、ブラックリストに載らないので、他のカード会社のクレジットカードを新たに作ることはできますし、カード会社によっては、過払金請求をおこなっても、キャッシングのみの利用停止で、ショッピング機能はそのまま利用ができる場合もあるようです。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.