徹底比較

金利の安さで決めるクレジットカード

クレジットカードを利用すると、現金が手元にないときでもカード会社が利用者に代わって代金の支払いをおこなってくれるためとても便利です。
また、近年では、ショッピング機能とキャッシング機能の両方の機能を兼ね備えたクレジットカードが多く発行をされており、ますます便利になってきています。
急な出費にも対応をすることができますし、利用者にとって、カード会社は頭の上がらない存在のように思えますが、カード会社も何の利益もなしにお金を貸しているわけではありません。

カード会社は、年会費以外に、分割払い、リボ払い、キャッシングなどを利用することによって発生をする金利手数料から収益を得ています。
当たり前のことなのですが、意外にこの事実を忘れてクレジットカードを利用をしている人が多いように思います。
特に、キャッシングやリボ払いを頻繁に利用している人は、年金利の低いクレジットカードを選ぶことをお勧めします。

キャッシングやリボ払いの場合、返済期間が定められていませんし、利用金額が高額であったり、返済期間が長いほど金利が上がっていく特徴があります。
元々50万円程度の返済金額だったはずが、気がついた頃には、返済金額が60万円を超えていることも少なくないのです。
では、金利が低いクレジットカードとはどのようなカードなのでしょうか?

いろいろ調べてみると、やはり銀行系のカード会社が発行をしているクレジットカードは比較的金利が低い傾向にあるようです。
金利が低いカード会社は、利益を抑えてお金を貸しているわけですから、万が一、返済がされなかった場合のリスクが高くなります。
ですから、その分、利用者に返済能力があるかどうかを判断する審査は金利が高いカード会社と比べると金利が低いカード会社の方が厳しい傾向があります。
また、金利が低いカード会社は、利益を抑えている分、お得なキャンペーンや特典が少なく、キャシングやリボ払いを利用しない人にとっては、メリットが少ない場合もあります。
金利の低さはもちろん重要ですが、自分のライフスタイルや利用状況を考えて、クレジットカードを選択するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.