徹底比較

クレジットカード会社を徹底比較

一昔前のクレジットカードと言えば、オマケでポイントがついている程度で、特典も少なく、代金を立て替えるのみのクレジットカードがほとんどでした。
しかし、最近のクレジットカードには、特徴のある特典がたくさんついており、その内容は発行をしている会社によって異なっています。
クレジットカードの発行をおこなっている会社には、銀行系、信販系、流通系、メーカー系、消費者金融系、石油系、交通系などの種類があり、それぞれ異なった特徴を持っています。

現在、一番多く利用をされているクレジットカードは銀行系のカードで、歴史が長く信頼をおけることが特徴です。
また、金利が安く、キャッシングの上限金額が高いことがメリットとなっていますが、その分、審査が厳しいことがデメリットとなっています。
給料の振込先と直結をしている場合が多いので、銀行系のクレジットカードは、一枚持っていても損のないカードです。

次に、信販系ですが、今では、純粋に信販会社のみで運営をしているクレジットカードは少なくなっており、ほとんどが銀行やその他の企業と提携をしてカードを発行しています。
具体的には、NICOSカードやDCカード、オリコカードなどが信販系のクレジットカードになります。
また、流通系カードとは、デパートやスーパー、コンビニなどで発行をしているクレジットカードのことで、決められた曜日や数字の日にポイントUPや割引キャンペーンなどをおこなっていることが特徴です。

日常生活に密着をしているスーパーなどでポイントを貯めることができることから、流通系のクレジットカードは主婦や若い人に人気となっています。
メーカー系カード会社の多くは、自動車メーカーやその子会社などが運営をしており、具体的には、トヨタファイナンスや日産自動車ファイナンシャルなどの会社があります。
クレジットカードを利用することで、ガソリン代やレンタカー代、駐車場代などが割引されます。

また、ガソリンスタンドを運営している会社やその系列店が発行をしている石油系のクレジットカードも、ガソリン代が割り引かれるため、メーカー系や石油系の会社から発行をされているクレジットカードは、車に乗る機会の多い人にお勧めのカードになります。
次に、消費者金融系カード会社ですが、その名前の通り消費者金融やその子会社が運営をしているカード会社のことで、具体的にはアコムやアイフルなどの会社があります。
基本的にはお金を貸すことがメインとなっているため、クレジット機能は薄く、ポイントや特典もほとんどついていません。

審査に通りやすく、発行までのスピードが非常に早いことがメリットで、急にお金が必要となったり、安定した職に就いていない人には、消費者金融系のクレジットカードがお勧めかもしれません。
最後に、交通系カードですが、JRなどの交通関係の企業が発行をいているクレジットカードのことで、交通系で有名なカードにはビューカードがあります。
交通系のクレジットカードは、Suicaなどの電子マネーにチャージをするときにポイントを貯めることができたり、新幹線の乗車券や割引特急券を購入することができるため、出張などで新幹線や特急を多く利用する人や、通勤、通学で鉄道を長距離利用する人にお勧めのカードになります。
このように、クレジットカードの特色は発行元の会社によって大きく異なります。
カード会社ごとの詳しい特徴はインターネットの比較サイトなどでも確認をすることができるので、それぞれの特徴を理解して自分に合ったクレジットカードを選ぶようにしましょう。
気になるクレジットカードの安全性についても参考にご覧ください。

Copyright(C) 2013 カードを便利に利用 All Rights Reserved.